warm hearts*

Eu levo um freewheelingly de fotografia e escrevo um freewheelingly de diário.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

たぶん 彼女は 豆を挽く 


aaltocover.jpg
庄野雄治 著
2010年6月16日発売予定
mille books(ミルブックス)
定価 1,050円(税込)
ISBN978-4-902744-49-1
B6サイズ・128P

『ささやかだけれど、役に立つコーヒーのこと』

コーヒー豆を挽く、コーヒーをいれる、どきどきしながら味をみる。
わが家に 香ばしいコーヒーの香りが漂うようになった。
-堀井和子


「コーヒーって興味はあるけど、難しそう」と思っている皆様に、
全国に数多くのファンを持つアアルトコーヒーの焙煎人「庄野雄治」が
簡単に、楽しくコーヒーの魅力をお伝えします。
堀井和子さんとのおいしいコーヒーいれかた教室、中川ちえさんとの
コーヒーの楽しみ方対談も掲載。
表紙、挿絵は佐々木美穂さんが担当。

コーヒーがもっと、ずっと楽しくなる1冊です。

庄野雄治 ( しょうの ゆうじ )
コーヒー焙煎人。
1969年7月7日徳島県生まれ。
大学卒業後、旅行会社に勤務。
2006年徳島市内にアアルトコーヒーを開店。
http://aaltocoffee.com


兼ねてから本を出したいとおっしゃてた庄野さん。
まさかまさか、本当に出版されるとは(笑)

だけど…
考えてみると、今までもそう。
庄野さんが語ってくれた夢たちは
どれも現実のものになってるし
決して 驚くことじゃない。

って、言いながら
出版のお話を伺った時は
かなり、度肝を抜かれました(笑)

まだ手にして読んでませんが、
きっときっと 面白い一冊なんじゃないかなぁ。

早く読みたいな


スポンサーサイト

ハート   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。